告白

【告白】緊張する・恥ずかしいあなたへ!心構えと対策を学ぼう!!

告白したいけど緊張する・恥ずかしいあなたへ!

ここで告白の心構えと対策を学んで気持ちを落ち着かせましょう!

告白での失敗パターンは緊張する・恥ずかしがることではありません!

もくじ
  1. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【頑張って!!】
  2. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白が怖い時】
  3. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白されるよりも告白する側になろう】
  4. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白は試練である】
  5. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【幸せをつかんだ人は勇敢な人】
  6. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【恥ずかしいからと逃げてはいけない】
  7. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【後で後悔しないために】
  8. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【涙を流すのは後でいい】
  9. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白が成功するイメージをもとう】
  10. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白することはかっこいい!】
  11. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白するタイミングを逃してはいけない】
  12. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白して断られることは実はありがたいこと】
  13. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【迷惑な告白なんてこの世にない】
  14. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【失敗しても否定されたのではない】
  15. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【度胸を身につけるチャンスだと割り切ろう】
  16. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【緊張感を楽しもう】
  17. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【運命の関係だと思うようにしよう】
  18. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【会話の流れの中で告白することもアリ】
  19. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【傷つくことを恐れてはいけない】
  20. 告白が緊張する・恥ずかしいあなたへのまとめ

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【頑張って!!】

意中の男性がいて告白をしようか迷っていますね?

確かに一生に何度と無い告白。

緊張しますよね。

若し断られたら、どうしよう。

これから相手と顔を合わせるのが辛くなる。

予想以上に先を読んで、イライラしたり迷ってしまう事有りますよね。

確かに告白する前は、悪い結果を想像して怖くなります。

それは人間の感情としては、本当に大切な事。

誰だって今より状況が悪くなる事は嫌です。

自分が傷つく事も、もっと嫌です。

けれど貴方が一歩踏み出さないとどうでしょうか?

恋愛は前には進みませんよね。

貴方が迷っている間に、第三者の女性が出てくる可能性も有ります。

第三者の女性との仲がもっと高まったら居たたまれない気持ちに成りますよね。

あの時勇気を出して自分の気持ちを伝えていたら。

今度は出来なかった気持ちに対しての後悔の気持ちが募ります。

嫌な気持ちがするのは、次のどちらですか?

●勇気を出して自分の気持ちを出し切り行動した時の充実感。

●何もアクションを起こせなかった時の後ろ向きな気持ち。

答えはもちろん後者ですね。

行動を起こした後の達成感の方が人間は気持ち良く感じるものです。

反対に何も行動を起こさなかった時、その後味は本当に悪い物です。

人生は一度切り。

思い切って行動を起こした方が、人生は百倍も楽しめると思いませんか?

貴方が一歩勇気を振り絞るだけで、そこにはバラ色の未来が開けています。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白が怖い時】

告白を考えている時に、誰もが陥るのが、失敗をしたらどうしようという考え。

思い切って告白をしても、断られたら恥ずかしい。

この様なネガティブ思考は、告白する前には出来れば考えたくは無い物。

告白が怖い時はこんなことを考えてみたらどうでしょうか?

雑誌を開くと、バリバリのキャリアウーマンや、スリムで可愛い女子高生の写真が沢山載っています。

いつも笑顔をたやさない彼女達。

きっと私生活も輝いているんだろうなあ。

そう憧れの気持ちをモデルさん達に持った事があると思います。

スタイルも良くて愛想良い。

女性としては言うことなしに見えますよね。

けれど、あるモデルの方は寝る前に睡眠薬が欠かせないそうです。

それは撮影の度に緊張してしまい、ストレスから眠れなくなってしまったのだとか。

またある方は、何年もモデルとして活躍しているにもかかわらず撮影日には脚がガクガクしてしまい緊張で一杯だそうです。

華やかに見えるモデルの方達でも緊張や不安と戦っているのです。

貴方が緊張をして先が見えなくて怖いのも当たり前。

まずは自分を労わってあげて下さい。

誰かに愛を伝える事は本当に立派な事です。

彼と見事お付き合い出来る事になれば何をしたいですか?

怖い時は明るいことを考えて、気持ちをポジティブにしましょう!

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白されるよりも告白する側になろう】

告白というのは、恥ずかしい行為です。

そしてとても緊張するものです。

できることならば、告白などせずに避けて通れるものならそうしたいと思うのが本音ではないでしょうか。

告白される側というのは、つまりモテるということですし、受身でいるだけで良いですから、一見、楽なように思います。

しかし、実は告白される側になるというのは良いことばかりではないのです。

告白されることをじっと待っているだけでは【チャンスをのがす】ことになります。

そして、自分の意志で相手を自由に選ぶことができません。

まったくタイプでないような男性から告白されるかもしれないのです。

そこで、勇気を出して告白してくれた男性に悪いからと、何となくオッケーをしてしまったら、その男性と付き合うことによって、もちろん得られる経験があることは否定できませんが、場合によっては時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

そして、その男性と付き合っている間というのは、他の男性からのアプローチというのは遠のくでしょうから、他のよりステキな男性との関係を発展させるチャンスも失ってしまいます。

告白されるというのは、実は楽なように見えてこのように自分の思い通りにならないことに人生をゆだねる結果につながる不自由な身分なのです。

ですので、告白されるよりも積極的に自分の好きな男性を選択して、自由に告白をする側の立場になったほうが良いのです。

もちろん、告白は緊張するし恥ずかしいです。

それに、告白が失敗に終わることがあるかもしれません。

しかし、自分の意志で選び取った結果です。

そう考えると、もしダメだったとしても気持ちがすっきりしませんか?

また、告白することは一種の人生における試練です。

たとえ失敗に終わったとしても、自分を成長させるための大切な経験であり、その後の人生において必ず役立つはずです!

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白は試練である】

好きな男性に自分の気持ちを伝える、告白という行為は緊張するしとても恥ずかしいものです。

下手をしたら、人生で最も恥ずかしい場合もあるかもしれません。

何かに失敗して笑われたとしても、告白することの恥ずかしさに比べたら、それほどでもないのではないでしょうか。

仕事ができようと勉強ができようと告白ができない人もいるでしょう。

その人その人によって性格も異なり得意なものも異なるのですから、当然ですが告白というのは簡単にできる人ばかりではないのは確かです。

しかし、恥ずかしいからといって逃げていてはいけません。

恥ずかしい経験というのは、人生にとって必要です。

なぜなら、その経験によって大きな学びを得ることができるからです。

長い人生において、告白する経験というのはそれほど多くありません。

しかし、たった一回の告白であったとしても、そこから得られるものは後から振り返ってみたら大きなものだと思います。

告白という恥ずかしさ満点の大イベントをこなしたあとでは、きっと怖いものなんてなくなるでしょう。

いわゆる一皮向けた状態になるのです。

それは、告白が成功した場合でも、失敗してしまった場合でも同じことです。

たとえ、その告白自体が失敗に終わったとしてしまって、告白を通じて得た経験というのは、【その後の恋愛においてきっと役立つ】はずです。

人生における経験でムダなことなど一つもないのです。

告白をするという経験は、人生において自分の成長につながる貴重な経験だと認識して、臆せず勇気をもって望みましょう。

きっとそれを乗り越えた時、それまでとは世界が違って見えるのではないでしょうか。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【幸せをつかんだ人は勇敢な人】

世間を見渡せば、幸せそうなカップルが街に溢れかえっています。

手をつないで、仲良く会話していたり、中には白昼堂堂と街中で抱き合っていたり、場合によってはキスまでしてしまうようなカップルもいるかもしれません。

わざわざ見せ付けなくてもいいだろ。

他でやってくれよという感じですが、今はまだステキなパートナーには恵まれていないという状態の女性にとっては、そのような光景はきっとうらやましく感じることでしょう。

しかし、うらやましがっているだけでは、何も変わりません。

待っていれば道が開けるなんてことはありません。

小さい頃は可愛いがられて、親が何かとしてくれたかもしれません。

しかし、大人になってからはそんなことはないのです。

何事も自分で責任をもってしなければなりません。

道を開けるのは自らが勇気を持って、道を切り開いた時だけなのです。

わざわざ、他の人に見せつけなくてもいいと思いますが、そのように街中にあふれかえっているカップルは、必ずいつかの時点で、男性か女性かのどちらかが自分の思いを伝えて、現在カップルになっているのです。

つまり、幸せそうなカップルはみな勇気を出して、告白というイベントを乗り越えてきているのです。

幸せをつかんでいる人はみな、勇敢な人なのです。

勇気を出した人が必ずしも幸せをつかめるとは限りません。

しかし、勇気をだした経験はその後の人生に必ず生きてきます。

そしていつかはきっと、本当の幸せを掴むことのできる女性に成長しているはずです。

勇気をもって自分で行動しなければ、幸せはやってこないと認識し、告白する勇気を持ちましょう!

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【恥ずかしいからと逃げてはいけない】

告白することは、告白を決意した多くの人にとっては、とても恥ずかしいことだと思います。

しかし、恥ずかしいからといって、告白することから逃げてしまっていてはいけません。

できれば、恥ずかしく感じることなく、堂々と自信をもって告白に望むことができればもっともそれが望ましいと思います。

しかし、そのような境地に至るのが難しいのもまた事実です。

大切なのは、乗り越える気持ちと行動力です。

少年ジャンプという少年漫画雑誌でかつて掲載されていた有名なバスケットボールのマンガで「スラムダンク」というマンガがありました。

その中で、主人公が所属する高校のバスケットボール部の監督の言葉で有名なものがあります。

「諦めたらそこで試合終了だよ。」というものです。

諦めたり逃げたりしたら本当に何にもならないのです。

まさしくそこで終わりです。

勝負にすらならないのです。

恥ずかしいことから、嫌なことから逃げたいのは人間としては当然の感情です。

しかし、自分の成長のためにと割り切って、覚悟を決めてぶつかることも時には必要ではないでしょうか。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【後で後悔しないために】

人間がする後悔には2種類あります。

それは、

「~をしてしまったという後悔」

「~をしておけばよかったという後悔」

この2種類です。

これを思いを寄せる男性に告白することに関して当てはめると、

「告白したけど失敗してしまい、やめておけばよかったという後悔」

「告白できずに終わったけど、あのとき告白しておけばよかったとう後悔」

ですね。

このように後悔には2種類あるのですが、この2種類の後悔の内、どちらの後悔の方があとに引きずらない後悔だと思いますか?

私は「~をしてしまったという後悔」の方だと思います。

告白に当てはめると、「告白したけど失敗してしまい、やめておけばよかったという後悔」だと思います。

やらなかったこと、できなかったことといのは、後になってからやろうと思っても取り返しのつかないことが多いです。

特に、自分1人の問題ではなく人に対する行動の場合は、相手の状況も変わっています。

告白で言えば、意中の男性に恋人ができているかもしれませんし、すでに結婚しているかもしれないからです。

しかし、「~をしてしまったという後悔」は自分を発展させる可能性を秘めています。

確かに、告白をしたというその一瞬でみたら、失敗に終わったということは恥ずかしいことに思えるかもしれません。

しかし、その後の人生のことを考えたら、その経験を生かして、自分をさらなる良い状態へと導くことができるのです。

どうせなら、「しなかった後悔」に悩むよりも、何事にも積極的になりましょう!

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【涙を流すのは後でいい】

告白したい。でも緊張してできない。

好きな男性への気持ちが大きくて押さえ切れない。

でも、今のままの自分で告白を成功させることができるか不安でしょうがない。

だから、やっぱり決心がつかない。

しかし、このままで終わることもしたくない。

そのように、いろんな気持ちが堂々巡りになってしまって、胸が張り裂けそうな気持ちになることもあるのではないでしょうか。

場合によっては、涙が出てしまうこともあると思います。

特に周りに誰もいない自分1人で過ごす時間というのは危険だと思います。

ついつい考え込みすぎて、思い悩みすぎて涙がこみ上げてくるものです。

しかし、どうせ涙を流すのなら、告白が終わってからにしませんか?

涙を流すほど、いろいろと思いつめているということは、それだけ相手の男性へのあなたの思いが強いということです。

そのことについては、【自信をもっていい】のではないでしょうか。

胸を張ってください。

その男性を思う気持ちは誰にも負けないと。

もちろん、告白した結果、相手の男性の反応がイエスなのかノーなのかはわかりません。

だからこそ、不安が付きまとうわけですが。

しかし、イエスであろうとノーであろうと、涙は告白した後でいいのです。

イエスなら、うれし涙。

ノーなら、悲しみの涙。

どちらにしても、告白する前のもどかしい涙よりステキなものであることでしょう。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白が成功するイメージをもとう】

告白することに対して抵抗を覚え、勇気が出ないことがあります。

それはなぜでしょうか?

それは、うまくいくかどうか不安だからです。

知らず知らずにうちに、告白しても失敗するというイメージをしてしまっているのではないでしょうか。

そして、そのイメージした状態になりたくないから、その状態にならないように逃げ出してしまいたいと考えてしまって、告白する勇気が出ないのです。

それなら、告白した時のイメージを「成功してしまう」というイメージに入れ替えてしまえば良いのです。

失敗するところなんてイメージしてはいけません。

きっと、告白する前には、頭の中でいろいろとシュミレーションすると思います。

告白する時の手順や、告白する時の言葉、それに告白する時のシチュエーションや時間帯、タイミングなどなど、いろいろなことをイメージするのではないでしょうか。

それらのイメージというのはリアルであるほうが良いでしょう。

さまざまな状況に備えて、さまざまにイメージをしてください。

しかし、それらどんな状況での告白であったとしても、イメージする結果は1つです。

「私、~クンのことずっと好きだったの。付き合ってください。」

とあなたが言ったら、イメージする男性の答えはただ1つ。

「気持ちを伝えてくれてありがとう。俺も、~さんのこと好きだったんだ。付き合おう。」

自分のイメージの中では何を想像しようと自由なのです。

告白するための勇気が出ない。

告白するための自信がない。

それなら、都合の良い想像を勝手にしてしまえば良いのです。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白することはかっこいい!】

思いをよせる男性に対して女性が自分の思いを告白した時、その結果には二通りあります。

男性が女性の気持ちを受け入れて告白が成功する場合と、男性が女性の気持ちを受け入れられず告白が失敗に終わる場合です。

告白が失敗することを中にはカッコ悪いことだと考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、断言しましょう。

それは、単なる思い込みに過ぎずただの誤解です。

たしかに、「告白が失敗してしまった」というそのことだけに目を向けるとカッコ悪いことのように思えてしまうかもしれません。

しかし、そもそも告白というのは大変な勇気のいる行為であり、その大変な行為をしたというだけでも素晴らしいことなのです。

女性の場合特に、思いを寄せる男性に告白できた人は少ないのではないでしょうか。

告白できたというそれだけで、【多くの女性がなしえなかったことをやってのけた】ということなのです。

告白をしてこなかった女性の中には、きっと思いを寄せる男性がいても告白する勇気を持てず、気持ちを伝えないまま後になって後悔をしてしまう女性もきっと多いはずなのです。

たとえ失敗に終わってしまったとしても、誰もができるわけではない告白するということを勇気をもって成し遂げたというそのことに目を向ければ、告白したこと自体が素晴らしいことだと思えます。

告白は誰でもできるわけではないのです。

結果がどうであろうと、緊張することや恥ずかしさから目を背けずに告白できる人はとてもカッコイイ人なのです。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白するタイミングを逃してはいけない】

告白には、最適なタイミングというものが存在します。

告白というのは、早ければいい訳ではありません。

ほとんど話したことのない男性に告白をしても、告白が失敗に終わることは簡単に想像できるでしょう。

同様に、告白というものは遅すぎてもいけません。

意中の男性とゆっくりと関係を築いて親密になれたとしても、他の女性に先を越され、相手の男性に彼女ができてしまったということもあるかもしれないからです。

告白することは自分との戦いです。

告白すること自体、恥ずかしい気持ちや不安に打ち勝たなければなりません。

また、気持ちを吐き出してすっきりしたいからと、まだ機の熟さないうちに、早まって告白してしまうということもぐっと我慢しなければなりません。

それと同時に、恋愛というのは自分との戦いであると同時に、他人との戦いでもあるのです。

他人というのは意中の男性もそうですし、その男性をとりまくほかの女性でもあります。

それら他人という、自分にはコントロールしようのない要素によって、相手の男性をとりまく状況というのは日々変わっていくのです。

自分が相手の男性に告白する際のベストなタイミングというのを、自分自身に打ち勝ち周りの状況を読み取りながら告白に望みましょう!

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【告白して断られることは実はありがたいこと】

告白して失敗に終わる。

断られた結果そのものは受け入れがたいものでしょう。

いくら失敗の経験はその後の恋愛に生かせるとポジティブなことを言っても、断られたその瞬間はなかなかそのようには思えないものです。

しかし、実はきっぱりと断ってくれるということは、あなたにとってありがたいことでもあるのです。

男性によって、中途半端な態度をとり、イエスともノーともはっきり示さないまま済ませてしまう人もいます。

このようなはっきりしない状態では、いわば生殺し状態です。

生殺し状態にされると場合によっては、男性に振り回され断られること自体よりももっと辛い思いを強いられることもあります。

また、あなたが告白してきたことをいいことに、「とりあえず誰でもいいから、彼女が欲しかったから」などいう理由で、男性が告白をオッケーしたらどうでしょうか?

このような気持ちで付き合っても、あなたもう嬉しくないかもしれません。

また、付き合ってもらえるだけでラッキーと考えることができたとしても、そのような気持ちで交際が始まったとしても男性には愛がありません。

やはり辛い思いをするのはあなたなのです。

交際に発展するのなら、双方の気持ちが一致していないとどこかの時点で必ずしわ寄せが来るのです。

そして、傷つけられるのはいつも気持ちの大きいほうなのです。

このように、告白して相手の男性からきっぱり断ってもらえることはありがたいことなのです。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【迷惑な告白なんてこの世にない】

告白とういうのは勇気が必要な行為です。

緊張する、恥ずかしい、失敗したらどうしよう、自分に自信がないなど、そういった感情かなかなか踏み切れない女性も多いでしょう。

その為、なかなか一歩を踏み出す勇気が持てず、告白できずにいる女性も多いのではないでしょうか。

かつて参加した高校の同窓会で、告白できずにいた女性が当時好きだった男の子に、「あの頃実はわたし、あなたのこと好きだったのよ」と言っているのを聞いたことがあります。

その時の男性の反応は「それならそうと言ってくれていたら良かったのに…。」という感じで悔しがっていました。

告白は勇気のいることですが、するだけの価値はあるものなのです。

告白したとしても必ずしもうまくいくとは限りません。

むしろ、失敗して断られることのほうが多いかもしれません。

しかし、告白された側の男性は絶対に喜びます。

覚悟を決めて勇気を出して、自分に対して好意を抱いていたという真剣な思いを聞いて迷惑な男性なんていないのです!

好きな男性の喜ぶ姿を見てあげようではありませんか。

たとえ失敗したって、それは今後の大切な経験になるのです。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【失敗しても否定されたのではない】

告白をしたとしても必ず成功するとは限りません。

勇気を出して、相手の男性への気持ちを伝えたとしても、断られることは当然あります。

そのこと自体は、残念なことです。

好きな男性と付き合えることを期待して告白したのでしょうから、そのような状態になることができなかったこと自体は残念ですし、失敗と呼べるのかもしれません。

その結果、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、そこまで深刻に落ち込む必要もないのです。

なぜなら、貴女という人間そのものを否定されたわけではないのです。

もしかしたら、たまたまタイプでなかっただけかもしれません。

もしかしたら、今は彼女が欲しい時期ではなかっただけなのかもしれません。

もしかしたら、たまたま他に好きな女性がいただけなのかもしれません。

覚悟を決めて、真剣に思いを伝えた告白であればあるほど、失敗に終わった時には、とても落胆することとは思いますが、そこまで思いつめないで下さい。

告白が失敗した直後にそのように考えることは難しいかもしれませんが、その男性と過ごす人生だけがあなたの人生ではありません!

他にもっと良い人がいるかもしれませんし、失敗を経験したのであればあなたも更に魅力的な人になれるはずです。

失敗はたしかに悲しく辛いことですが、人生は長く大きいものです。

時には広い視野を求められることもあるでしょう。

その時あなたがどうするべきかはあなた自身気付くはずです。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【度胸を身につけるチャンスだと割り切ろう】

世の中の女性の中には自分の男性への思いを秘めたまま何も行動できずに、チャンスを逃してしまう人も多いでしょう。

告白というのは、そうやすやすと誰にでもできることではないのです。

だからこそ、勇気を出して告白というイベントを乗り越えた時には、人間的に大きく成長できるのです。

告白はとても緊張するもの。

告白を乗り越えることができたら、きっととても度胸がつきます。

告白をした後の人生において、何か身に降りかかる困難があったとしても「告白した時の緊張や恥ずかしさに比べたらこんなことなんてことない!」という風に考えることができるでしょう。

告白を乗り越、度胸を身につけたあなたなら、たいていののことは乗り越えていけるはずです。

そして、それは【あなた自身を幸せへと導く力を身につけたこと】と同じなのです。

告白を乗り越えれば、告白自体がたとえ失敗したとしても、あなたの人生は成功に近いずいているのです。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【緊張感を楽しもう】

告白はとても緊張するものです。

失敗するかもしれない、恥ずかしい、そもそも好きな男性を目に前にするだけで胸がいっぱい、などなど理由は色々ありますが、告白は緊張するのが普通です。

そして、緊張している自分にクローズアップしてしまうと、頭が真っ白になってしまいます。

そうなってしまっては、せっかく覚悟を決めて告白しても、がんばって考えてきた告白の言葉も忘れてしまって、言えなくなってしまうかもしれません。

ダメで元々という覚悟は大切ですが、緊張しすぎて告白がボロボロだと、せっかくの告白が台無しになってしまいます。

そもそも、告白という行為は緊張して当然です。

むしろ緊張していることを素直に認めて、「この緊張感を楽しんでやろう」と考えてはどうでしょうか。

世の中の女性には、告白という行為を一度もすることもなく一生を終える人もいるでしょう。

それが良いか悪いかはともかくとして、あなたがしようとしている告白というのは、誰もが必ずしも経験しているとは限らない【特別な経験】なのです。

意中の男性に対して行う告白は紛れもなく、あなたの大切な人生の1つのエピソードなのです。

たった一度のこの告白の瞬間の緊張感を楽しんでしまいましょう!

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【運命の関係だと思うようにしよう】

告白することになかなか勇気がもてない、踏ん切りがつかないという人は、意中の男性と運命の糸で結ばれていると思うようにしてはどうでしょうか!

告白する踏ん切りがつかないのは、失敗してしまうことを恐れてのことだと思います。

それならば、「必ず成功する。なぜなら、彼と私は運命の糸で結ばれている関係だから!」と思うようにするのです。

運命の関係だから必ず成功すると思っていると、失敗するイメージなど沸いてこないでしょうし、勇気をもって告白に望むことができます。

大切なのは、あなたが告白をするにあたって、【自分を信じられるかどうか】なのです。

その為の1つの手段として「彼と結ばれることは運命で決まっているから大丈夫。告白は必ず成功する。」というように思い込むことが有効だと思うのです。

もちろん、、告白は失敗に終わることもあるかもしれません。

しかし、たとえ失敗したとしても、告白をせずに後々になって、告白しなかったことを後悔するよりは、ずっとずっと素晴らしいことだと思います。

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【会話の流れの中で告白することもアリ】

告白のタイミングは前もって決まっているものばかりではありません。

中には、その告白のチャンスが急に訪れることだってあるのです。

告白するのには、それに適した順序というものがあります。

順序を飛ばして告白しても、それは失敗が目に見えているといえるでしょう。

しかし、会話の流れによっては、いっきにこの順序を踏んでいけることがあります。

好きな男性と会話をしていて、その男性が「彼女がいなくてさびしい」と言ってきたとします。

そんな時あなたが「~クンはステキな人だから、きっとすぐに彼女できるよ」などといえば、「何で俺にそんなに優しくしてくれるの?」と彼は言ってくれるかもしれません。

そうなれば「何でって?だって、私~クンのこと好きだもん。」と言うことができます。

このように話の流れによっては、自然に自分の気持ちを相手に伝えることができるのです。

そもそも男性が「さびしい」というフレーズを出したら、つまり彼女が欲しいわけです。

場合によっては、目の前の女性に「告白して」というアピールをしているとも言えるかもしれません。

私としては「男性から告白してくれればいいのに」と思います。

しかし、恋愛に対してそのように積極的にガツガツいけない男性も増えていますから、もしそういうチャンスに恵まれたら、すかさず女性からも気持ちを伝えていくほうが良いと思います。
会話の流れで告白することは、唐突で緊張も恥ずかしさもあまり感じずに告白できてしまうこともあるので、むしろ不安にならずにスムーズに告白することができるかもしれませんね!

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ【傷つくことを恐れてはいけない】

傷つくことを恐れると何も行動できなくなってしまいます。

意中の人がいても、なかなか告白できないのは、告白が失敗してしまうことを恐れてしまっていることが原因であることが多いと思います。

世間には、ずっと片思いのままでいいという人がいます。

それは、傷つくことから逃げているだけなのではないかと思います。

考えても見てください。

片思いのままでいいという人がそのように思うのは、やはり根底には失敗するかもしれないという恐れがあるはずなのです。

たとえば、告白が100%成功すると分かっているとしたらどうでしょうか?

告白しますよね?

人間は、行動した結果に対する後悔よりも、行動しなかったことによる「あの時~していれば良かった」という後悔の方がその後に人生において長く引きずるものです。

好きな人がいるということは素晴らしいこと。

楽しいこと、つらいこと、悲しいこと、色々あるかもしれません。

しかし、それらの人生のスパイスになる様々な感情を一度に体験できるのが恋愛の良いところなのです。

傷つくことを恐れずに、一歩踏み出す勇気を持ちましょう!

告白が緊張する・恥ずかしいあなたへのまとめ

ここでは、告白が緊張する・恥ずかしいあなたへ告白の心構えと対策について書いていきました。

告白することは本当に勇気がいることです。

誰にも頼ることができませんし、良くも悪くも必ず結果が出てしまいます。

不安に打ち勝ち勇気を持たなければ告白することすらできません。

あなたが傷付くくらいならこのままの関係で良いと思っているのであれば、それは絶対に偽りです。

不安に打ち勝って下さい。

大丈夫です。

きっと明るい未来が待っています。

そうでなかったとしても、あなた自身大きく成長できます。

【案ずるより産むが易し】です。

相手も実はあなたのことが好きかもしれませんから。

告白はあなたの人生の大きな糧になってくれます。

自分を信じて頑張って下さいね!

ABOUT ME
assa
assa
ぽちゃデレラ☆名前の通り私は太ってますが、気になっていた彼と婚約することができました! 恋愛なんて無縁、まじ無理ゲ―と思っていた喪女だった私。 ただこのまま1度しかない人生終わっていいのかと!! 人生最大の奮起によって恋愛ガチ初心者から、恋愛マスターへ進化を遂げた私のシンデレラストーリーを綴ります♡